この事態を重く見た本社の人事がK田を降格し、賃金を下げると、K田は案の定、会社に対して噛みつき、労働局の紛争調整委員会にあっせん(*)を申請した

食べることで健康を目指す機能性表示食品や特定保健用食品の研究開発を行い